魔法のフライパン|口コミ・特長と欠点

魔法のフライパンを頂きました

友人に『魔法のフライパン』を頂きました。購入してから2年ほど経っている
のですが、あまり使わないということで僕が譲り受けた訳です。

 

どうやら、友人の奥さんが使い勝手を気に入らなかったらしいのです。
上手く使いこなせないとのことでした…


僕が魔法のフライパンを使ってみた感想

僕は調理師なので、鉄製フライパンには慣れています。
その上での感想になります。

 

この魔法のフライパンの特長は『焦げつきにくい』『熱効率が良い』
『一体型で丈夫で長持ち』だそうです。

 

でも、これはどの鉄製のフライパン同じです。だた、錆びにくい加工がされているようなので、これは家庭では扱いが楽ですね。
あと鉄製フライパンのメリットは強火で素早く調理できることですね。

 

    ここからは、ご家庭の主婦の方が使うにあたって、僕の感じたデメリットです。

  • 深さがないので食材がこぼれやすい。フライパンをあおる事ができれば問題ないですが、箸やフライ返しで混ぜる方には使いにくいですね。
  • ガスコンロの直火でガンガンあおって調理するならいいのですが、IHでは強火で加熱できるメリットが感じられない
  • 油を入れないと焦げつくので必ず油が必要。料理のヘルシーに欠ける
  • 取っ手が持ちにくい。僕ら調理人は布きんなどを巻いてつかむので問題ないのですが、女性の握力ではそれも大変ですし、そのままだと手が痛くなってきます。長い時間、火にかけてると取っ手も熱くなってきます。
  • 炒め物など強火での調理はいいのですが、弱火から中火にかけての調理には火加減とフライパンの動かし方のコツが必要
  • 基本的に、フライパンに着きっきりでの調理。常に焦げつくことが前提での作業が求められる。

僕のおすすめ

ご自分のご家庭でどのような料理をよく作るのかを考えてみて下さい。

 

『魔法のフライパン』は確かに良い商品です。
強火でガンガン調理するお料理が多く、フライパンの扱いにも慣れている方にはお薦めです。

 

でも、多くのご家庭が次に当てはまるのではないでしょうか?

弱火から中火での調理が多い方。
卵焼きをしたり、煮込みをしたりと1本のフライパンでいろいろな料理をする。
ほかの作業をしながらフライパンを混ぜたりみたいな料理の仕方をされる。
このような方は、焦してしまったり、上手く調理できないこととなってしまいます。
とにかく、鉄製フライパンは焦げることが当たり前だと思って下さい。

そうだとしたら、言葉は悪いですが『宝の持ち腐れ』になってしまいますよ。
魔法のフライパンはオールマイティーのフライパンではないということです。もう1本、別なフライパンが必要になるはずです。

 

ちなみに僕は、あまり家庭では使わない強火調理用に、ネット通販で2,000円くらいで売っている鉄製フライパンを使っています。これで十分です。しまう時に油だけ引いておけば錆びないですし。
そして、メインで使っているフライパンはドイツ製のフライパンです。このフライパンは本当におすすめです。ちょっと高いですけどね。
ご興味のある方はこちらが公式サイトです。通販でしか売ってません

 

世界最高ブランド≪ruhru(ルール)フライパン≫

チタニウムとナノダイヤモンドでコーティングされたフライパンです。メーカー10年保証の品質です。